Home

静岡大学学生支援センター障がい学生支援部門「修学サポート室」について

修学サポート室とは?
障害があるため、又はコミュニケーションが苦手なために、大学で学ぶにあたって困難を感じている人を個別に支援する障害学生支援室の通称です。

どんな人のため?
静岡大学に通う学生で以下のような修学上の困難を抱えている人、及びその保護者、学生を支援する教職員
・身体障害がある人<視覚障害、聴覚・言語障害、肢体不自由、病弱・虚弱等>
・発達障害と診断された人<自閉スペクトラム症(障害)、限局性学習症(障害)、注意欠如・多動症(性障害)、 広汎性発達障害、アスペルガー症候群等>

その他、下記に当てはまる人の相談に応じます。
障害があるわけではないけれど…
・実習や実験などグループワークがうまくやれない。
・友人をうまく作れない。
・急な変更があるとどうしていいかわからなくなる。
・がんばっているのに予定どおりに作業を進めることができない。
・困ったことがあった時にうまく人に相談できない。
・(思いをうまく伝えられずに)人から誤解されやすい。などなど

主なサポート内容(過年度実績)
個別相談で個々の特性やニーズを把握し、修学上必要な配慮や支援をコーディネートします。
教材や資料の文字の拡大、ノート(パソコン)テイク、受講担当教員への配慮願いの作成、自己管理(スケジュール管理、生活リズム調整等)支援、コミュニケーションのスキルアップ支援等